トッフ画像

使い続けるには不安がいっぱい…便秘薬の副作用とは

■頼り過ぎは後からキツイことに
お通じが悪い人は便秘薬を常用していることが多いですが、実際便秘薬の副作用にはどんなものがあるのでしょうか?
  • 腸が排便をしなくなるので、薬を使い続けるごとに自分で出す力が弱くなってくる
  • 自力で出す力が弱くなってくるので、ますます便秘薬を使うようになる依存性がある
  • 薬を飲み続けることで腸内の酵素が発達し、薬の効果が弱まってくる
  • 効かなくなるので飲む量を増やすか、他の便秘薬を使わざるを得ない
  • 結果的にどんどん自分でお通じをする力が弱まり便秘の症状がひどくなる
ということが挙げられます。要は頼れば頼るほど、便秘薬から逃れられなくなる、それを取り戻すためにはかなりの大変さが伴う、ということですね。

便秘薬依存から逃れるためにやるべきこと→なかなか大変だけど

ポイント1
とにもかくにも食生活の見直し
便秘薬の副作用から逃れるために、自分で出すためには、やはり一般的な便秘解消法が有効です。やはり、まずは食生活ですね。これが原因になっていることが多いですし、占める要因としても大きい物があります。具体的には水分をしっかり取り、特に朝の起き抜けの水分補給。さらに食物繊維の多い野菜を中心とした食事。きのこ類やプルーンもいいですね。炭水化物を取り過ぎないこと。これらを意識すると1番効果があるでしょう。
ポイント2
規則正しい生活とストレスを溜めない生活は便秘解消にやっぱり大事
当然ですが、健康的な生活を送ること。睡眠はしっかりとり、ストレスを溜めない(発散する機会を作る)のが大事です。睡眠不足は万病の元ですし、ついつい疎かにしがちですが、しっかりとるようにしましょう。個人差も多いので、自分でどれぐらいに睡眠時間が必要かも意識してみるといいです。
ポイント3
運動は意外にも結構な効果が!
運動することは巷で言われているより意外とお通じ改善効果があります。ジムでの運動やプールもいいですし、気の合う仲間とバレーやバドミントンなんかも普段は使わない筋肉と頭の動きをするのでとってもおすすめ。ストレス解消にもなるし、なかなか機会が無いのが現代生活での難しいところですが、自分が言い出しっぺになってみてやるのも二重にいいでしょうね。

便秘解消方法はなかなか大変…でもこれなら?

■飲んでいる人は飲んでいる これで便秘薬がいらない!
上で説明したように、実際便秘解消というのは結構大変なこと。特に便秘薬を飲むほどの頑固な便秘症の人にはなおさら普通の人より便秘の改善にはなかなかの苦労が伴います。そうでなければ、便秘なんて言葉も無いかもしれません。
でも、実は頑固な便秘で苦しんでいた人が思ったよりラクに解消できる、そんなものが最近密かに人気。それは「女性専用の便秘解消用のお茶」なんですね。これは、便秘薬のように出すことに力点をおくものではなく、腸内環境を改善し自力で出す力を高めることを目的としているもの。これは飲めば飲むほど、腸が健康になってくるので、便秘薬に依存してしまって困っている、という人がには最適の選択肢といえます。
商品名 桃花スリム
金額 1,800円 ※ 初回1ヵ月分のみ 送料無料
特徴 飲むだけで腸内環境を改善。しっかり飲んで便秘の改善と共に下腹ぽっこりの解消も?マクイベリー配合で抗酸化作用と美容の効果もあるのが、女性にウケている秘密!
↓↓ ここからの申し込みで60%OFFキャンペーンページヘ ↓↓
今なら初回限定半額キャンペーン!

■母は頑固な便秘に悩んでいます
私の母は、70代で便秘に悩まされ続けています。元々、便を柔らかくする薬や軽い下剤を使うことが多かったのですが、70才を過ぎる頃から、腰痛にもなり余計に便秘の症状がひどくなって来ました。
現在でも、朝、夕には便を柔らかくする薬を服用、就寝前には下剤を服用しているのですが、スムーズに出ると言うことは稀です。腰痛も、便秘がひどくなるとますます痛くなるのです。また、腰痛があるせいで、便意があっても力むことがしづらいために、上手く出づらいことも影響しているかもしれません。薬を使っているので、水溶性の便は出るけれど、快便には程遠くてしょっちゅうトイレに行きたくなることもあるので、外出も、お通じの調子を見極めてでないと行けない状態です。
加齢に寄る胃腸の動きの鈍さ、腰痛のために運動があまり出来ないことも、便秘になりやすい傾向になっているのでしょう。少しでも、改善するためにリハビリにも週二回通っています。腰痛改善目的ですが、リハビリを継続することに寄って、便秘を少しでも改善することにつながっているのかもしれないとも思います。ありとあらゆる便秘解消法を実践しながら、お通じの有無を見極めながら頑張っている姿に、お通じの大切さを私も再認識させられます。食生活の面でも工夫していますが、もっと勉強して行って少しでもスムーズになれるようにと思っています。

■便秘薬は使い過ぎると副作用の危険性も

便秘がキツイときは便秘薬に頼らざるを得ません。ずっと体に溜まった状態は絶対的にからだによくないわけなので。便がずっと体に留まっているとそれが宿便になることも考えられますし、悪玉菌がどんどん増えてきて、余計に腸内の環境が悪化していきます。腸内には免疫の80%が存在しているので、病気にもなりやすくなり疲れやすくもなります。また、便として排せつされない老廃物は結局血管にのって肌から排出されます。当然肌にはよくないので、ニキビや黒ずみなんかの原因にも。何となく顔色が悪いのは便秘が原因かもしれません。

しかし、だからとって便秘薬に頼るのはダメですよね。たま〜に頼る分にはそこまで悪く無いといえますが、便秘薬は飲み続けるとその薬を分解してしまうように体が適応してしまいます。薬とはいえ、異物なので。そうすると、出す力は弱まってくるので、「あれ?効かないな〜」という感じで人によってはたくさん飲むことに。便秘薬はどちらかというと、刺激の強いものも多いので、規定量を超えた飲み方はどんな副作用があるか分かりません。

便秘薬を避けて、これから卒業できるようになるにはまずは自分の力で出せるように食生活を見なおしたり、便秘の原因を探ってみることが肝要です。そんな方に試してもらいたいのがこの便秘解消方法。実は色んなものがあるんです。→ 便秘 お茶